2013年09月11日

富山へ

北陸富山は何度も家族で訪れた想い出の土地です。
 
訪れてまず最初に見ないと気がすまないのが北アルプスです。
富山市街から見ると東側に屏風のようにそびえているのがその北アルプスです。
青空に突き刺さるように雪をかぶった刃物のような稜線、青くかすむ山肌
この世のものとは思えない荘厳な気持ちになります。
 
家族旅行で訪れるようになったのは伯母が住んでいたからです。
その伯母が亡くなり、葬儀に参列するために一昨日一泊で富山に行ってきました。
 
残念ながら北アルプスの山々は雲に隠れて目にすることが出来ませんでしたが、
しばらくは訪れることもないかもしれないと思いながら、
かわりに帰りの北陸道のSAで休憩し、富山湾を眺めてきました。
能登半島もうっすらと見えました。
 
それにしても高速道路が整備される前は車で10時間以上かかった行程が、
わずか6時間で行けるようになりました。
子供の頃は本当にとてもとても遠くに感じたものですが、
今なら強行軍ですが日帰りでも行けますから、
今度はゆっくり想い出の場所を観光したいと思います。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
ラベル:旅行
posted by dlc at 14:25| | 更新情報をチェックする