2018年06月30日

教えてくれない教室?

教室なのになぜ教えてくれないの?と、おかしな話だと思われるかもしれません。

でもこれは本当なのです。

個別講習の基本はテキスト学習と課題練習の2つが柱になります。

誤解のないように初めにお断りさせていただきますね。
なにも意地悪でそう言っているのではなく、「教えない」というのはテキストに書いてあることは基本的に繰り返しの説明はしないようにしています。ということなのです。

もちろん、忘れてしまっていたり、そもそもテキストを見ていなかったりした可能性もありますから、テキストのどこにその解説があるのか一緒に捜したり、「ここにありますよ。」とご説明することはあります。解決のためのお手伝いはしっかりさせていただきます。

でも解説そのものは極力お話ししないようにしているんです。その解説内容が分からないというご質問に、お応えしないというわけではありません。キチンとご説明いたします。

それでもこれを不親切だとか意地悪だと感じる方もいらっしゃるでしょう。

そこで思い出していただきたいのです。

そもそもお客様はパソコンをご自分で使えるようになりたくてご来室なさったのではないでしょうか?パソコンを教えてもらうために来たのではなかったはずです。

ところが残念なのことに「教えてもらえれば使えるようになる」と誤解されているお客様がいらっしゃいます。

本当はテキストのどこに書いてあるのかをご説明するよりは、すぐにこうですよとお話ししたほうが簡単なことが多いのです。それでもあえてそうしないのです。それをしてしまうと先生がいないとパソコンのできない生徒さんを育ててしまうことになるからです。

わからなくなったら聞けばいいと思った生徒さんはご自分で解決しようとはなさらなくなってしまうのです。

できる生徒さんはほとんど質問をされません。「初めからできるから質問しないんでしょ。」と思われるかもしれませんがそうではありません。わからないことがあってもお一人で解決なさろうと努力しているのです。それに対してできない方の多くは聞けば簡単だとばかり質問してすぐ解決しようと考えてしまうのです。

そもそも教えてもらえればできるようになる。ってほんとなのでしょうか。

教えてもらえれば自転車に乗れるでしょうか。
教えてもらえれば泳げるようになるでしょうか。
教えてもらえれば英語が話せるようになるでしょうか。

パソコンも同じですね。
ラベル:習いごと
posted by dlc at 15:58| Comment(0) | 業務日誌 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください